カテゴリ:Life( 6 )

あれから。。。

まずは、下の方の日記にコメントしてくださった皆様。そして目を通してくださった皆様。
ありがとうございます。正直、ここにアップしていいものかどうか迷ったのですが
書いてよかったなと思いました。皆さん色んな経験をされていて、あ~わかってくださって
共感してくださってありがとうございました。

さて、

今日やっとあの時の2人と話す機会がありました。
何があったのか、勘で答えを出すのは嫌だったので
それぞれが話せるだけのことを話してもらいました。
結局の所、私のことはきっかけにすぎなくてその2人が色々問題を抱えていることも
だんだん見えてきました。

それと、正直に私の気持ちも伝えました。
そういう風に私が思っているとは思っていなかったみたいで驚いていました。
でも、ちゃんと私の話している事を聞いてくれたので、気持ち的には楽になりました。
裏でグチグチ言うよりは、簡潔に正直に伝えました。
私は、やっぱりああいう事されると気にするし、平気なんかじゃないんだという事も伝えることができました。


で、このことはちょっと落ち着きました。

でもね~、最近色んな人に出会います。
何でかわからないんですけど、道を歩いていたりすると、よく人に道を聞かれたり
バスを待っているときなんか、後ろの人と話をしたり。結構知らない人と話をすることが多いのです。
それを楽しいと思うときもあるけど、そうじゃない時もあります。
この前、博物館の外で友達と話をしていたらいきなり「サイキックリーディング」に興味ある?
って聞かれたので、正直に「ありません」っていったら「なぜ?」と聞いてきたので、
色んな人がいてそういうのに興味がある人と、そうでない人がいて。私はその後者の方です。
って言ったらいきなりキレちゃって、色んな汚い言葉を浴びせられました。
なんだかな~。ニューヨーク!もっとこころに余裕を。
否定されたからといって、私に感情移入されてもね~。オープンなことはいいのだけど。。。
とにかく、その人の豹変振りにちょっとあっけにとられてました。余計なお世話だけど
セラピーに行った方がいいのかも(そういったことに頼り切るよりかは)。

まだまだ、色んなことが山積みです。解決していないこともあるので、それが解決したら
いつかブログに詳しくアップしたいと思っています。でも、いつになることやら。。。
今の私の気分、通りすがりの人たちよ!Just leave me alone~♪
[PR]
by koyukiNY2 | 2005-06-01 22:07 | Life

人間模様


最近心に余裕がないのか、昨日とても嫌なことがありました。
上手くここに書けるかわかりませんが、ま、書いてみましょ。
私って、結構気が長くて怒るという事が滅多にありません(昔は全然違ったけど)。
ただ、私の怒りの引き金を引いたならば、周りの人がとても怖い思いをするようです(笑)。

全部は書けないので、簡潔に。
私の友達(日本人じゃありません)、30分以上自分の国の言葉だけでずっと話をしていたんです。
それも、私のいる前で。これって、理解してもらえるかわからないんですけど、
結構きついんですよね。特に、その時に私が言ったことに対してのこと話してるんだな
ってわかると尚更です。
言葉がわからなくても、私わかるんです(その人の思考回路)。
でもね友達だったら、周りにいる人のことを気にかけるものではないんでしょうか?
今日の約束もキャンセルしてくるんだろうなと予感してました。
私の勘は当たってました(悲)。もし、これでその人が来たら私と少なくとも向き合う気があるんだ
と思えたのに。。。約束の10分前。理由は、色んなことがあって忘れてた。
って、昨日夕方に話したことなのに?

これって、初めてじゃないんですよね。何回も何回も同じ事されてます。
それなのに、何か困ったことがあるとすぐ頼ってきたりします。私は、その人の事を友達だと
思ってるし、もちろん私でできる範囲内のことはさせてもらってるつもりです。
でも、これっていっつも一方通行。私が困ったことがあったり、つらいことがあっても
そこにいてくれない。共感してくれない。

私は、その人に何を求めていたのでしょうか?
私は、きっとその人を信じたかったのかもしれません。変ってくれるって。。。
でもね、他人を変えるのは一生かけても無理!

じゃ、どうする?
[PR]
by koyukiNY2 | 2005-05-29 09:44 | Life

朝の風景。

暇な朝には、こんな風に過ごすこともあります。
この風景を見た人が、笑いながら『親父みたい!』

c0035027_1194440.jpg



月曜日の朝は時間があればデリに行って音楽を聴いたり、仕事の準備をしたりします。

c0035027_11104140.jpg

[PR]
by koyukiNY2 | 2005-04-04 22:05 | Life

Happy Anniversary



c0035027_11365486.jpg


             Happy Anniversaryですが結婚記念日ではありません。
             こっちに来て11年目になります。
             私を今まで支えてくれた全ての人へ感謝の気持ちをこめて。。。
[PR]
by koyukiNy2 | 2005-03-25 21:28 | Life

最近思うこと。

最近思うこと、というかここ2年くらいずっと考えていたことがあります。

それは、日本帰国

こちらに来て10年、自分のやりたいことを全てかなえてきました。
もちろん、その為に一生懸命やってきたつもりです。
今の仕事にも満足しているし、ある程度今の自分でできることを
100%だしきっていると思います。

でも、考えてしまう日本帰国。
もちろん私の家族は帰ってきてほしいと思っています。
でも、そんなに強く言ってきません。
私の生き方を尊重してくれているからだと思います。
私も、自分自身で決めて帰りたいと思うのです。
家族のことが心配だからとか、そういった理由では帰りたくないのです。
だって、いつか大変なことがあった時に、責任転嫁してしまいそうだからです。
自分で決めてそれが思わぬ展開になっても、それは自分の責任です。

ところが、決められない。
こっちに残って契約を延長するか、それとも日本に帰って新しく始めるか。
仕事的にいって、こっち(アメリカ)のほうが職場の選択があります。
でも数年後にはまたビザのことで同じことを繰り返すのでしょう。
日本にいれば、そんなプロセスなんか踏まなくてもいいのです。
時間と、お金をかけてまでこっちに住みたいのか。
日本はまだまだこれからの場所なので、それをやってみたいなという気持ちもあります。
しかし、この不景気の中、日本で働いたことのない私に職場がはたしてあるのでしょうか?
もちろん、私の今やっていることを日本でもやってみたいのです。

贅沢な悩みです。わかってます。
2つのうちのどちらをとっても、いいような気がするのです。
でも、できるならばよりよい選択をしたい。そう思うのは私のエゴでしょうか?

また、仕事抜きで私がどう生きたいのかも考えてみようかと思うのです。
私はどちらの国に住みたいのか?
ある人は言うかもしれません、
1.『なに言ってるの?元々日本人なんだから、最初のうちは
  苦労するだろうけど所詮日本育ちの日本人、大丈夫!』

2.『その国に馴染むかどうかは結局自分次第!帰る前からそんな弱気でどうするの!』

3.『アメリカを転々として、その度になんとかなってきたんでしょ!だったら大丈夫!
   また同じことをすればいいだけ、ただ今回はそれが日本だったというだけの話』

4.『日本に帰ったって大変なだけだよ。今この生活に満足しているのに、
   どうして帰ろうなんて思うの?考え直した方がいいよ。』

5.『こっちに住んで長いから、自分がいかに変わったかわかってないんだよ。
   きっと、窮屈なおもいするよ。どっちの国にも属さないって思うよ。』

みんなそれぞれです。
未来がわかって、『ぁ~こうなるのね。じゃ、今これの選択をしよう!』
な~んてそんなことできるわけない(現実逃避は止めましょう)。
人生そんな上手くはいきません。
色んな邪念を心の中から追い払って、向き合ってみようと思います。

    『私のこころ!自分はどうしたいの?
     色んなしがらみもあるだろうけど、
     今はそれを置いて本当の自分の心の声を聞いてあげよう。
     どうしたい?』









。。。。。いま?今はわからない。。。。。。。。。。
[PR]
by koyukiNY2 | 2005-03-15 23:10 | Life

Nobody Knows.

前々から観に行きたいと思っていた、『Nobody Knows』。

ただ、ここで主役を演じている人が、カンヌで男優賞をとったということで、
どんな映画なのか見てみたいと思いました。
上演時間2時間20分!
でも、終わってみるとあっという間でした。
普段はハリウッドの派手な映画を見慣れていた私にとって
見終わった後に、お腹いっぱいになるような素晴らしい映画でした。

見終わった後に思ったことは、派手な演出・音楽があまりなかったこと。
ということは、本当にその役者やストーリーに注意が集まるということ。
確かに、主演の男の子「柳楽優弥」は演じていることを観客が忘れるような
演技力にびっくり!でも、周りにいる子供たち(兄弟姉妹)の自然な演技に
ただびっくり。素人っぽくて、なおさら好感が持てる、そんな感じの映画でした。


公式『誰も知らない』

まだ見ていない人もいるから、あまり詳しく書けないのですが、
この公式の中で谷川俊太郎さんが詩を書いているのですが、読んでみてほしい。





<余談>

この作品は1988年の事件を元に作られたものらしい。
映画は、やはり美しく仕上げられていたけれど、実際はもっと凄い事件だったのですね。

『巣鴨子供置き去り事件』
[PR]
by koyukiNY2 | 2005-03-14 22:05 | Life